グルコサミン塩酸塩の効果・効能・副作用

グルコサミンは魚や動物のムコ多糖類とよばれる部位に多く含まれている成分で、カニやエビなどの甲殻類に多いといわれています。
現在さまざまな研究が進められていて、グルコサミンは一説には年齢とともに発生する関節変形の治療に役立つと考えられています。

いろいろある治療法のなかでも、医師が処方する医薬品やそうでないものも含めて、グルコサミンはかなり有力な治療成分の一つと考えられています。
グルコサミンは食品の中には、ごく少量しか含まれていないのですが、体内でも軟骨細胞から作り出されているアミノ酸の一種です。

その主な働きとしては、軟骨の形成に関わっているグルコミノグリカンの生成を促すことです。
したがって、グルコサミンは、磨り減った軟骨を元に戻す働きが期待されています。
また、軟骨が過剰に分解されてしまうことを防ぐ働きもあるといわれています。

もともと自然界に存在している物質ということもあり、副作用は全くないか、限りなく軽いものであると考えられています。
海外の研究では、グルコサミンの投与に対して被験者の少数が愁訴を訴えましたが、ほとんどは胸焼け・胃痛・消化不良・吐き気などの軽いものでした。

DHC、サントリー食品、日本薬師堂などのグルコサミン配合サプリメントメーカー

グルコサミンの効果が近年に注目されはじめ、いろいろなメーカーがグルコサミンを配合したサプリメントを提供しています。なかでもDHC、サントリー食品、日本薬師堂などの商品が人気のようです。
>>DHC グルコサミン
>>楽天内 グルコサミン製品一覧

グルコサミン研究会とは?



グルコサミン研究会という組織があります。同組織は、グルコサミンをはじめとするグルコサミノグリカン類の人体への影響を科学的に検証し、情報提供する目的で作られたそうです。
>>グルコサミン研究会HP