天然メシマコブの効能・効果・副作用などについて

天然メシマコブは、担子菌類のタバコウロコタケ科に属すキノコです。
かっては長崎県・男女群島の女島に多く自生していたため、メシマコブと名付けられたそうです。

担子菌類は周囲の植物に寄生し栄養分を得ているキノコで、メシマコブの胞子は主に桑の木に寄生して、形としてはコブ上の実子を形成します。

メシマコブの効用は早くから日本でも注目されていたのですが、結果的に桑の木を枯らせてしまうこともあり、また、成長しきるまでに約30年ほどかかるという理由で、自生のメシマコブは大変希少価値のあるものでした。栽培することも困難だったため、研究が長い間進まなかったようです。

しかし、韓国でメシマコブの菌糸の培養に成功、「PL2」という菌株を生産し、より細かな薬効についての研究が始まりました。

研究によって、メシマコブの有効成分はヘテロマンナン・タンパク複合体と呼ばれる多糖体であることがわかりました。さらに、抗がん作用をもつ免疫を活性させる効果が示唆され、がん治療に効果的だと報告されました。

免疫作用を持つ体内の細胞には、NK細胞、マクロファージ、T細胞、B細胞などがありますが、その全てがメシマコブによって活性化するとの報告もあります。
韓国では、メシマコブが医薬品として認可されており、実際に臨床現場でがん治療の際に用いられています。

メシマコブの菌糸体や酵素処理されたサプリメント

韓国で実際に医薬品として使用されているものが、値段は張りますがメシマコブサプリメントとして日本からでも購入できます。
>>楽天 メシバコブ 韓国 製品一覧
サプリメントのタイプとしては、メシマコブ粉末、メシマコブ菌糸体エキス、メシマコブ錠剤などがあります。
>>メシバコブ 製品一覧  (楽天内)